施工事例

駒ヶ根M様邸 建て方 柱・梁・小屋組

新築施工中

建て方が始まりました。最初に立てられるのは、1階の柱部分。
掛矢(かけや)と呼ばれる大きな木槌を使って土台に柱を打ち込みます。
1階の柱を建て終えると、今度は梁の設置に移ります。
梁は、建物に対して水平方向に掛けられる構造材。建物の荷重を柱に伝える、重要な部位です。
梁はクレーンを使って所定の位置に設置されます。
1階部分の建て方を終えると、今度は2階の柱・梁・小屋組を組み立てる作業に移ります。
最後に、小屋束、棟木、母屋を設置します。

松崎工務店の施工事例を見る
お問い合わせ