松﨑工務店の家づくり

耐震+制震

地震・台風・竜巻などの自然災害から家族を守る

松崎工務店ではSW(スーパーウォール)工法を採用しています。地震大国である日本において、数々の大規模地震が発生する中で、SWの家は、そのすぐれた耐震性能から、これまで地震による全壊被害の発生報告はありません。巨大竜巻や台風・豪雨など、風や雨の自然災害にもその強さを発揮しており、記憶に新しい、東日本大震災の甚大な津波被害においても、奇跡的に倒壊を免れた例があるなど、さまざまな災害に対する信頼の実績を持っています。

変形しにくい一体化構造「モノコック構造」

躯体は6 面体で強い外力もしっかり受け止める強固な箱型を構成する高耐震のモノコック構造です。台風や地震などの外力が接合部などに集中しにくく建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

変形しにくい一体化構造「モノコック構造」 効率よく耐震性を高める壁倍率5倍のパネルを実現

住宅の耐震性能を高めるためには、耐力壁をバランスよく配置することが重要です。当社で使用しているパネルは構造用合板OSBと断熱材を一体化し、建築基準法で木造最高レベルとなる「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定を取得)を実現したパネルです。壁倍率2.5 倍の基本パネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置することが可能になります。また、一般在来の家の壁(筋かいによる5倍相当仕様)と比べても壊れにくく、変形量も筋かいの半分であることが耐力試験で確認されています。

住宅の壁倍率

「防火構造」と「準耐火構造」の大臣認定を取得しております。その優れた安全性から、防火制限地域においても必要に応じて建築規制に対応できます。

耐震等級3相当の設計で大規模な地震にそなえる

住宅の耐震性能は、国土交通省が2000年に定めた住宅性能表示制度の中で、耐震等級として示されており、建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性を等級1としています。しかし、専門家の間では等級1では不十分であるという意見もあります。当社の設計では、大規模な地震への備えとして、最高等級となる耐震等級3相当を推奨。消防署や警察署など、防災の拠点となる建物の基準に相当し、より安全性の高い住まいが実現できます。

耐震性能の等級

地震の揺れを最小限に抑える

当社は高耐震の住まいに、そのさらなる安心・安全のために、揺れを抑える機能を取り入れた制震仕様パネルを採用。大きな地震、くり返す余震から、ご家族や大切な財産をしっかりと守ります。

地震の揺れを最小限に抑える
くり返しの地震に強い

制震でない住宅は、大きな地震に遭った後、揺れの回数が増えるごとに建物の変形が大きくなります。それに比べて制震住宅は、何度揺れが来ても変形が進みにくく、本震だけでなく、くり返しの揺れ、余震にも強さを発揮します。

地震の揺れを最小限に抑える
建物の変形量を約1/2に低減

制震でない住宅は、大きな地震に遭った後、揺れの回数が増えるごとに建物の変形が大きくなります。それに比べて制震住宅は、何度揺れが来ても変形が進みにくく、本震だけでなく、くり返しの揺れ、余震にも強さを発揮します。

地震の揺れを最小限に抑える
家がまるごと制振装置に

制震装置を部分的に配置する制震住宅とは異なり、建物の構造パネルに制震機能が加わることで、建物の一部に負荷がかかることなく、家全体で揺れを抑え、大きな地震に対しても粘り強い住宅を実現することができます。

家がまるごと制振装置にイメージ
松崎工務店の施工事例を見る
お問い合わせ