松﨑工務店の家づくり

家族の健康を守る家

引っ越しをして、健康が改善?!

転居前と転居後で、健康の状態がどのように変化したか?という調査を行ってみました。そうすると、断熱性の高い住宅に住み替えた人の方が、気管支喘息やアトピー性皮膚炎など、健康を害する諸症状が出なくなったという割合が多いことがわかりました。特に、気管支喘息やのどの痛み、せき、アトピー性皮膚炎における改善率の高さは注目に値します。

健康改善効果

断熱の健康改善への貢献度

飲酒・運動・喫煙・断熱の4つの要因で、どれが健康改善への貢献度が高いのかを症状別にグラフに表してみると、どの症状においても断熱が最も健康改善に貢献するという結果となりました。家の断熱が健康な暮らしにいかに重要であるかがわかります。

湿気を透しにくく高い断熱性を発揮する硬質ウレタンフォームを採用

冬場の寝室の温度は10℃前後

冬の深夜、寝室やトイレの温度をはかったことはありますか?

冬場は深夜になると冷え込み、室温が下がります。トイレに起きて、寝室を出た時にブルッと震えた経験はありませんか?就寝中の布団の中は、およそ28 ~ 33℃。室温が10℃程度とすると、起き上がって布団を出たとたんに20℃以上の温度差を感じ、廊下やトイレに移動すると、さらに室温は下がります。このヒートショックこそが健康の大きなリスク、注意が必要です。

寝室・廊下・トイレの温度差イメージ

一般のお宅に協力していただき、札幌から大阪まで、冬場の寝室の温度を計測したところ10℃前後が多いことがわかりました。これは多くのお宅が就寝時には暖房を消していることの表れ。深夜起きた時のヒートショックを解消するためには、部屋の断熱性や暖房による対策が求められ、特に高齢者の方の寝室は十分な配慮が必要となります。

冬場の寝室の温度
松崎工務店の施工事例を見る
お問い合わせ